ロッテ田村、250日ぶり一発で種市援護「監督のアドバイスのおかげ」

[ 2019年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―2楽天 ( 2019年4月29日    楽天生命パーク )

2回1死一、二塁の場面で3ランを放つ田村
Photo By スポニチ

 スタメン唯一の「1割打者」だったロッテ・田村は2回1死一、二塁から左翼へ決勝の1号3ラン。18年8月22日の西武戦(ZOZOマリン)以来250日ぶりの一発で種市を援護した。「監督のアドバイスのおかげでいい感覚が戻ってきた」。

 ミートポイントが前で打ち過ぎる点と、バットのヘッドが寝ているのを修正。2試合連続マルチ安打で打率.207と2割に乗せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース