日本ハム中田が5号2ラン 平成生まれ最多通算207本目

[ 2019年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6―9ソフトバンク ( 2019年4月29日    札幌D )

3回に2ランを放つ中田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・中田が3回、平成生まれでは最多の通算207本塁打目となる5号2ラン。しかし、エース上沢を立てた試合で4点リードを守り切れずに逆転負けを喫した。

 「勝ち切れなかったのは力のなさ」と中田。初回に2点適時打を放った王柏融(ワンボーロン)が左太腿裏の張りを訴え、5回に代打と交代して今後に不安を残したが、栗山監督は「これだけ悔しい思いをしてそのままなのは納得できない」と今後の巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース