西武・山川、先制2ランも言葉少な「今日は何もない」

[ 2019年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3―5オリックス ( 2019年4月29日    京セラD )

先制の2点本塁打を放った山川(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 平成最後の試合での一発が空砲に終わり、西武の主砲・山川は「今日は何もないです」と繰り返した。初回2死三塁で左翼へ先制の11号2ラン。8試合連続打点とし、リーグトップの数字を31に伸ばした。しかし同点の8回1死一、三塁では二飛。「犠飛でも何でも1点でも取れていれば…」と悔やんだ。

 その裏、吉田正に決勝2ランを被弾。バッテリーは勝負を選択したが、ボールにするはずの変化球が甘く入り「(厳しく)当てるぐらいでいかないと」と辻監督は苦言。連勝は4で止まり勝率5割で4月を終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース