昨年のトップ指名選手が2Aデビュー戦でノーヒッター マイズが圧巻のピッチング

[ 2019年4月30日 11:00 ]

2Aでのデビュー戦でノーヒットノーランを達成したマイズ(AP)
Photo By AP

 昨年の大リーグ・ドラフトで全体トップでタイガーズに指名されたオーバーン大出身の右腕、ケイシー・マイズ(21=1メートル91、100キロ)が29日、昇格した2Aでのデビュー戦でいきなりノーヒット・ノーランをやってのけた。

 タイガース傘下の2Aエリーで先発したマイズは、パイレーツ傘下の2Aアルトゥーナを相手に7三振を奪い、1四球を与えただけの打者28人で完封。投球数は98で、試合は1―0で勝利を収めた。

 マイズはオーバーン大時代の昨年に2度ノーヒット・ノーランを達成しているがプロとしては初めて。昨季はルーキー・リーグと1Aで5試合に登板(0勝1敗)し、今季は1Aの4試合で2勝0敗、防御率0・35という成績を残していた。

 2Aエリーはここ10年、ノーヒッターを記録していなかったが、24日に継投で達成したばかり。ここ5日で2度目の快挙となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース