DeNA上茶谷、初勝利は令和にお預け 巨人に5回3失点「次につながる」

[ 2019年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―3巨人 ( 2019年4月29日    東京D )

5回1死満塁、石川の一塁駆け込みの判定がセーフとなり、悔しそうな表情の上茶谷(撮影・木村 揚輔) 
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・上茶谷は5回3安打3失点。プロ5度目の先発も初勝利はお預けとなったが、自身の登板日に初めてチームが勝利して「勝ったことが一番良かった」と安どした。

 チェンジアップがさえて4回まで1安打投球。5回1死満塁から代打・大城への押し出し死球などで3点を失ったが「内容は今までで一番良かった。次につながると思う」と前を向き、「令和」での1勝を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース