【6日のファーム情報】DeNA浜矢、新天地で初セーブ 広島・小園は無安打

[ 2019年4月6日 20:12 ]

 プロ野球のファームは6日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 DeNAはロッテ戦(ロッテ浦和)に9―7。先発・阪口は4回0/3を11安打7失点。楽天からトレードで移籍の浜矢が2点リードの9回に登板し、3者連続三振で1セーブ目を挙げた。関根が3安打3打点。ロッテは李杜軒が5回に1号3ラン。先発・渡辺は1回0/3を1安打1失点で降板。

 日本ハムは西武戦(西武第2)に6―5。谷口が7回に1号ソロ。石井が3安打1打点だった。先発・杉浦は3回2安打2失点。3番手の公文が2回無安打無失点で1勝目を挙げた。西武はドラフト3位の山野辺、綱島がともに3安打。2番手で登板のドラフト6位・森脇が2/3回を3安打4失点(自責1)で1敗目を喫した。

 巨人―楽天戦(佐久)は延長11回、7―7で引き分け。巨人先発・野上は7回7安打6失点、楽天先発・戸村は6回9安打5失点(自責4)だった。

 広島―オリックス戦(オセアンBS舞洲)は広島が1―0。先発・アドゥワが7回3安打無失点で3勝目(1敗)。ドラフト1位・小園は3打数ノーヒットだった。オリックス先発で育成の東は5回3安打1失点で1敗目。

 阪神はソフトバンク戦(鳴尾浜)に3―1。先発・岩田は7回4安打無失点で1勝目。高山が3回に先制の1号2ランを放った。ソフトバンク先発・スアレスは6回2/3を4安打3失点(自責2)で1敗目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月6日のニュース