広島 5番問題解決!?松山 新背番55で1号

[ 2019年4月6日 16:05 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2019年4月6日    マツダ )

<広・神> 5回無死一塁、松山は右越え2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島・松山竜平外野手(33)は2点優勢の5回無死一塁で、阪神・藤川から右翼席へ今季1号となる2ランを放った。

 「打ったのはストレート。とにかく気合で打ちました」

 今季は、試合前まで12打数無安打と不振に悩んでいた。この日の2打席目に中前打で今季初安打。直後の3打席目には一発を放ち、上昇気配をうかがわせる複数安打となった。

 チームは、4番・鈴木に続く打者が機能しない“5番問題”が浮上していた。打線の悩みを解決へと向かわせる、新背番号55での初アーチとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月6日のニュース