DeNA・国吉 自己最速161キロ!大台超えに球場どよめき

[ 2019年4月6日 16:19 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2019年4月6日    横浜 )

<D・巨>力投する国吉(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 DeNAの国吉佑樹投手が自身最速の161キロをマークした。

 4―2の5回から2番手として登板。先頭の岡本への初球に152キロ直球を投じるなど力で押し、スライダーで3球三振。亀井からも空振り三振を奪うと、ゲレーロへの5球目だった。外角低めに外れたボール球は161キロを計測。球場はどよめきと拍手に包まれた。

 昨季までの最速は156キロだったが、今季はオープン戦で157キロ、158キロ、159キロと次々に更新。そして今季3試合目の登板となったこの日、ついに大台を超えた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月6日のニュース