ソフトバンク今季初連敗…ミランダ大誤算7失点KO 工藤監督は5四球に苦言

[ 2019年4月6日 17:37 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―7ロッテ ( 2019年4月6日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>3回途中7失点で降板するミランダ(中)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは今季初の連敗を喫した。先発のミランダは2回2/3を投げ4本塁打を浴びるなど自己ワーストの7失点KO。工藤監督は「打たれることはある。四球がいっぱい出たのがね…」と5四球を与えたことに苦言を呈した。

 ヤフオクドームでは昨年の来日以来4戦4勝を挙げていた左腕は同球場で初黒星を喫し「まったく仕事ができなかった。チームやファンに申し訳ない」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月6日のニュース