阪神・大山、得点圏10打席目の正直 19打席ぶり安打に笑み

[ 2019年4月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3―2広島 ( 2019年4月5日    マツダ )

初回2死二塁、大山は中前に先制適時打を放つ(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 4番が打てばチームも活気付く。初回、1番鳥谷の中前打から築いた2死二塁の先制機で阪神・大山がやっと結果を出した。広島の先発・大瀬良の外角カットボールを中前に運ぶ適時打。今季、得点圏10打席目での初安打だった。

 「開幕してから打ててなくて、自分自身、情けないというのがあって。ゲームにも影響していたので。先制点というのは大きかった」

 たまっていた、うっぷんを晴らす一打だった。試合前まで打率・095。3月30日ヤクルト戦の4回に中前打したのを最後にノーヒットが続いていた。今季初適時打となった先制打が5試合、19打席ぶりの安打。一塁塁上で思わず、笑みがこぼれた。

 続く4回先頭では内角高めの直球を捉え左前打。「1本より、2本、3本出るに越したことはない。大事なところでの1本は大切なので」と今季初の複数安打にうなずいた。6回と8回はともに右飛に倒れたが、矢野監督は「(安打の)後の打席も内容的には悪くなかった」と評価した。

 2安打1打点では、今までの不調を考えれば満足する気にもなれない。「常に不安との戦いなので。ホッとすることはない。明日は明日でまたゼロからなので、気を引き締めてやりたい」。目覚め始めた4番に期待するところは大きい。そろそろ大きなアーチも見てみたい。重圧をはね返すだけの力を、大山は持っているはずだ。(長谷川 凡記) 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月6日のニュース