日本ハム・マルティネス、精密検査で一時帰国 右前腕屈筋損傷と診断

[ 2019年4月6日 13:15 ]

日本ハムのマルティネス
Photo By スポニチ

 日本ハムは6日、ニック・マルティネス投手(28)が6日、右前腕の精密検査を受けるため成田空港発の航空機で米国へ一時帰国したと発表した。

 マルティネスは3月20日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦(鎌ケ谷)登板中に違和感を訴え、右前腕屈筋損傷(1度)と診断されていた。

 今月16日に再来日を予定している。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月6日のニュース