青木劇弾にしびれた…ヤクルト石川「スーパースターですね」 自身は18年連続安打マーク

[ 2019年4月6日 20:07 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―3中日 ( 2019年4月6日    神宮 )

<ヤ・中>5回2死一、二塁 山田哲の二塁打で三塁ベースを回り生還する石川(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの先発・石川も青木の代打サヨナラ弾に興奮を隠せなかった。

 「スーパースターですね。凄い。しびれました。さすがチームリーダー」

 自身は今季2度目の先発で6回0/3を5安打2失点。勝利投手の権利を手にしてマウンドを降りたが、9回2死から守護神・石山が同点に追い付かれて延長戦に。

 球団記録となる入団から18年連続の白星はお預けとなったが「こういう投球を続けていけば、チームの勝利につながると思う」と納得顔で振り返った。

 一方でバットでは、5回1死で中前打。その後に山田哲の二塁打で2点目のホームを踏んだ。こちらは入団から18年連続安打となり「やっぱり(投手が)打つと点になる。(打撃も)おろそかにできないですね」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月6日のニュース