西武・多和田、初黒星 3点目悔やむ「一番もったいなかった」

[ 2019年4月6日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2―5日本ハム ( 2019年4月5日    東京D )

初回から失点し、険しい表情でベンチに戻る多和田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・多和田が6回3失点で今季初黒星を喫した。昨季は4勝無敗の日本ハムに対し4四死球を与えるなど制球が乱れた。0―2の5回は2死二塁から王柏融に中前適時打を浴び「3点目が一番もったいなかった」と振り返った。

 チームの連勝は3でストップ。開幕投手を務めた右腕について、小野投手コーチも「注意を払うべきところで欠落がある」と厳しい言葉を口にした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月6日のニュース