広島・丸がCS2号ソロ!3回に追加点 巨人先発・今村は3回途中で降板

[ 2018年10月19日 18:57 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第3戦   広島―巨人 ( 2018年10月19日    マツダ )

<広・巨>3回2死、丸は右越えソロを放つ(投手・今村)=撮影・大森 寛明
Photo By スポニチ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が19日、マツダスタジアムで行われ、球団初のリーグ3連覇を果たした広島がレギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人と対戦。2点リードの3回に3番・丸が2号ソロを放った。

 3回2死から丸が巨人先発・今村の3球目を強振。右翼ポール際へ運ぶ2号ソロで広島が加点した。

 「打ったのはスライダーかな。あまく来た球を一振りで仕留めることができた。いい追加点になりましたね」

 今回のクライマックスシリーズは第1戦に続く2本目のアーチ。シーズン終了直前での不調を吹き飛ばす活躍で赤ヘルをけん引する。

 巨人先発の今村は丸に続く4番鈴木に四球を与えたところで降板。「変化球に頼り過ぎてしまった結果だと思います。大事な試合に先発させていただいたのに、期待に応えられず悔しいです」と語った。2番手に野上がマウンドに上がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース