オリ西村新監督 ドラ7広沢&投手転向・張奕を高評価「チャンスある」

[ 2018年10月19日 05:30 ]

オリックス・西村新監督
Photo By スポニチ

 オリックス・西村新監督が宮崎フェニックス・リーグの日本ハム戦を視察し、ドラフト7位・広沢(大分商)と今夏に外野手から投手転向した張奕(ちょう・やく)を評価した。

 広沢は左翼線二塁打を含む2安打、張奕は自己最速に並ぶ150キロを計測するなど1回を3者凡退。「目についたのは広沢。田口からも聞いていたからね。張奕も。このまま頑張ってもらえれば、十分チャンスはある」と成長を期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース