アストロズ“幻の2ラン”に泣く ファンの妨害で右飛に

[ 2018年10月19日 05:30 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦   アストロズ6―8レッドソックス ( 2018年10月17日    ヒューストン )

初回アルテューべの放った打球に飛びつくレッドソックスのベッツ。ビデオ判定の結果、ファンの妨害でアウトとなる
Photo By 共同

 アストロズは幻の2ランが最後まで響いた。2点を追う初回1死一塁。アルテューベが右翼フェンスを越すに十分な飛球を放ったが、ジャンピングキャッチを試みた右翼手ベッツとファンが接触。打球はグラウンドに転がったが、リプレー検証の末、ファンの妨害とみなされ右飛となった。

 2点差で敗れ、A・J・ヒンチ監督は「同点になれば良かったが、あれが敗因ではない」と語ったが、昨季覇者が3連敗で崖っ縁に立たされた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース