DeNA東が日米野球辞退 ソフトB高橋礼を追加招集

[ 2018年10月19日 05:30 ]

ソフトバンク・高橋礼
Photo By スポニチ

 NPBエンタープライズは18日、DeNAのドラフト1位・東克樹投手(22)が左肘の炎症で、11月の日米野球の出場を辞退したと発表した。今季11勝を挙げ新人王最有力の左腕は侍ジャパンに初選出されたが、最終登板となった6日の阪神戦の直後に左肘痛を発症。秋季練習初日となったこの日は、ランニングなど、ボールを使わないメニューに終始した。

 「病院で炎症を起こしていると診断された。選出していただいたのに、このような形で辞退することになって本当に残念」と東。来季に向けて、当面は治療とリハビリに専念する。代わって、ソフトバンクの高橋礼投手(22)が追加招集される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース