ヤクルト村上、台湾で“武者修行” 梅野ら計6選手を派遣へ

[ 2018年10月19日 05:30 ]

ヤクルトの村上
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・村上宗隆内野手(18)が11月24日から台湾で開催される「2018アジアウインターベースボールリーグ」に派遣されることが18日、分かった。

 村上は高卒1年目ながら初昇格した9月16日広島戦(神宮)でプロ初打席初本塁打を放つなど、1軍6試合で2打点。イースタン・リーグでは清宮(日本ハム)に並ぶリーグ2位17本塁打をマークし現在参加中のフェニックス・リーグでも10日に3打席連続アーチを放った。期待の和製大砲が来季の飛躍に向けオフも海外武者修行で実戦漬けになる。他には梅野雄吾投手(19)ら計6選手を派遣予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース