ソフトB甲斐 バットで貢献もリード反省「今から帰って話し合う」

[ 2018年10月19日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第2戦   ソフトバンク5―13西武 ( 2018年10月18日    メットライフD )

2回2死一、二塁、右前適時打を放つソフトバンク・甲斐 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・甲斐がバットで貢献した。2回に1点返し、なお2死一、二塁。カウント2―2からの5球目、高め直球を右前に、はじき返す適時打。中継した一塁手・山川の悪送球もあり、一塁走者も生還。「良いところに落ちてくれた。取られた後、すぐに点が取れて良かった」。

 一方、マスクを被っては西武打線に11安打13得点を許しただけに「今から帰って、話し合って」と切り替えを強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース