巨人・阿部9回代打で大飛球 惜しくも届かず「こすった」

[ 2018年10月19日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第2戦   巨人1―4広島 ( 2018年10月18日    マツダ )

9回1死一、二塁、阿部は右飛に倒れる(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 第1戦で自打球による負傷のため途中交代した巨人・阿部が9回に代打で出場した。一発出れば同点の場面で右翼へ大きな当たりを打ち上げたが、「こすった」という打球はスタンドまでわずかに届かず右飛に終わった。

 8回に代打で同点二塁打を放った広島の新井とは明暗が分かれた。試合後は言葉少なに球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース