巨人・坂本勇 痛恨の失策…高橋監督の花道を飾れず「悔しい気持ち」

[ 2018年10月19日 21:47 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第3戦   巨人1―5広島 ( 2018年10月19日    マツダ )

<広・巨>4回無死、野間の打球をさばくも、一塁への悪送球で出塁を許す坂本勇(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 巨人は0―3の5回2死満塁から、坂本勇の失策で2点を追加された。

 広島・野間の強いゴロがグラブの下を通過し「技術不足です。試合が傾いてしまった。もっとうまくならないといけない」と振り返った。

 今季は主に1番打者としてリーグ2位の打率・345をマークし、攻守でチームをけん引してきた。主将は優勝を目指してストイックに野球に取り組んできたが、今季はリーグ3位に終わった。高橋監督の辞任については「寂しい気持ちと、選手の責任でもあるので悔しい気持ちもある。広島との力の差を感じましたし、来年(優勝目指して)頑張りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース