ソフトB、サブマリン高橋礼が光明 好相性メットライフDで4者連続K

[ 2018年10月19日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第2戦   ソフトバンク5―13西武 ( 2018年10月18日    メットライフD )

力投する3番手の高橋礼(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは下手投げのドラフト2位ルーキー・高橋礼が、好救援を見せた。3回2死一、二塁から登板すると浅村をスライダーで空振り三振。4回1死の栗山から5回2死の外崎まで4者連続三振と圧巻の内容だ。6回につかまり1失点したが、2回2/3を2安打1失点と西武打線にブレーキをかけた。

 比較的、なだらかと言われるメットライフドームのマウンドは「平行に体重移動するし、抜ける球が少なく、低めに集まる」と水を得た魚のようだ。9月16日の西武戦(同)も3回1/3を無失点と相性の良さを再度証明した。

 日米野球に出場する侍ジャパンに追加招集された。敵地での躍動には倉野1軍投手統括コーチも「それは期待する部分」と切り札になり得ると語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース