西武・秋山、9打席目でCS初安打「1本出て良かった」

[ 2018年10月19日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第2戦   西武13―5ソフトバンク ( 2018年10月18日    メットライフD )

7回2死満塁、栗山の2点適時打で生還し、ベンチ前でチームメートに指で「1」をつくる秋山(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武・秋山に9打席目で待望のCS初安打が飛び出した。7回1死一、二塁から右前適時打。一塁ベース上で両拳を握りしめて安どの表情を浮かべた。

 「1本出て良かった」と話したリードオフマンに、辻監督も「ライト線にうまく引っ張って打ってくれないかなとベンチで予言していたんだ」とうれしそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月19日のニュース