ソフトB 内川サヨナラ弾で劇的勝利 終盤4点差ひっくり返す

[ 2016年4月24日 17:18 ]

<ソ・日>9回1死、サヨナラ本塁打を放った内川(左から4人目)はナインから祝福され笑顔
Photo By スポニチ

パ・リーグ ソフトバンク6―5日本ハム

(4月24日 ヤフオクD)
 ソフトバンクが終盤に4点差を追いつき、最後は内川のサヨナラ本塁打で劇的勝利を収めた。

 先発武田は4回まで無失点も5回に突如崩れて4失点、6回途中でマウンドを降りた。

 4点を追う打線は7回、松田の2点適時打などで1点差に迫ると8回に長谷川がマーティンから左越えに1号ソロを放ち、同点に追いついた。
 
 迎えた9回、内川が抑えの増井の変化球をとらえて左翼ポール際に3号サヨナラ本塁打を叩き込んで劇的勝利を飾った。

 日本ハムは4点差のリードを守れず、最後は痛いサヨナラ負け。勝率5割復帰はならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月24日のニュース