松坂は自ら支援金寄付 ソフトB1、2軍で募金活動

[ 2016年4月24日 05:30 ]

2軍の試合前、募金を呼びかける松坂(右)らソフトバンクナイン

 熊本地震の被災者支援のため、ソフトバンクの工藤監督らがヤフオクドーム、2軍で調整する松坂らがタマホームスタジアム筑後で募金活動を行った。

 工藤監督は長谷川選手会長や大分県出身の内川らと募金箱の前に立ち「少しでも思いが届くように頑張ります」と話した。日本ハムで福岡県出身の吉川も参加した。松坂は摂津らと支援を呼び掛け「一人一人できることをやっていければ、大きな助けになると思う」と語り、球団を通じて自身も支援金を送ったことを明らかにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月24日のニュース