岸、右内転筋痛めて抹消へ 初の中4日登板でアクシデント

[ 2016年4月24日 19:30 ]

パ・リーグ 西武7―6楽天

(4月24日 西武プリンスD)
 西武の岸はレギュラーシーズンの先発マウンドではプロ10年目で初めて中4日で登板したが、アクシデントで途中降板した。3回に先頭打者の島内に5球目を投じた直後に、右内転筋の異変を訴えて降板した。

 25日に検査を受け、出場選手登録を外れる予定。岸は復帰のめどについて「そればかりは分からない」と話し、潮崎ヘッド兼投手コーチは「内転筋は再発したら時間がかかるので、ちょっと慎重にという感じ」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月24日のニュース