【球界の悼む声】王さん「打撃は名前の通りまさに「功」打者でした」

[ 2016年4月24日 08:00 ]

1976年、一塁守備で王(左)の助言を受ける山本功児
Photo By スポニチ

 【球界の悼む声】

 ▼ソフトバンク・王貞治球団会長 突然の訃報に驚いています。巨人で長嶋監督時代に一緒にプレーしましたが、うらやましいほどに守備がうまく、打撃は名前の通りまさに「功」打者でした。引退後もロッテの監督もされるなど野球界の発展にも貢献されました。まだお若かったのに大変残念です。心よりご冥福をお祈りいたします。

 ▼ロッテ・福浦 投手から野手への転向を勧めてくれたのが山本さんでした。自分にとっての恩人。野球人生の最後まで見届けてほしかったのですが、寂しいの一言です。

 ▼ロッテ・サブロー 入団した時からファームで全てのことを教えてくれた父親みたいな存在。悲しい気持ちでいっぱい。

 ▼ロッテ・伊東監督 ユニホームを着ると激しい方だった。歴代のロッテを率いた監督さんですし、残念です。

 ▼オリックス・西村ヘッドコーチ(ロッテでともにプレー)一昨年にプロアマの資格回復研修会で会ったのが最後。その時は元気になられたのかなと思っていた。ロッテで監督をされた時もコーチとして一緒にやらせてもらったし、お世話になった。凄く紳士的な方だがユニホームを着たら熱いものがあった。

 ▼阪神・高代延博ヘッドコーチ 悪いとは聞いていた。(法大では)自分が1年の時の主将。ロッテ監督時代もヘッドコーチをやらせてもらった。お悔やみの言葉しか言えません。息子さんの活躍する姿を見たかったでしょうね。

 ▼侍ジャパン・小久保裕紀監督(巨人時代の05年にヘッドコーチと選手でプレー)選手の意見を尊重し、監督と選手のパイプ役になってくれた方でした。息子さんは育成から何とか正式契約して、この世界で活躍することが恩返しになる。

 ▼仁志敏久氏(巨人時代に)ヘッドコーチとして選手を思って発言、行動をしてくれた方。優しい面しか思い出に残っていない。

 ▼巨人・村田ヘッドコーチ 俺が1軍に上がった時に「おう、頑張れよ」と声をかけてもらった。優しい大先輩だった。若いのに残念。

 ▼巨人・鈴木 普段は物静かだったけど、熱くなる人だった。息子さんにはお父さんの遺志を継いで頑張ってほしい。

 ▼巨人・亀井 入団1年目に気に掛けてくれた。いろいろとアドバイスも頂いた。凄くいい方でした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月24日のニュース