マリナーズ 逆転負けで連勝ストップ 青木は3戦連続安打ならず

[ 2016年4月24日 13:23 ]

<マリナーズ・エンゼルス>エンゼルス戦で先発出場したマリナーズの青木 (AP)

ア・リーグ マリナーズ2―4エンゼルス

(4月23日 アナハイム)
 マリナーズは同地区のライバルであるエンゼルスに逆転負けを喫し、20日のインディアンス戦から続く連勝が3でストップした。

 マリナーズは1―1の同点で迎えた6回にクルーズの左越え4号ソロで勝ち越しに成功。しかし、先発のヘルナンデスがその裏、トラウトに中越えの3号2ランを浴び、逆転を許した。体調不良で前日に予定されていた登板を回避し、この日の先発となったヘルナンデスは5安打3失点という内容で、7回を投げたところで降板した。

 「1番・左翼」でスタメンに名を連ねた青木は、三振とゴロアウトがそれぞれ2つずつという結果に終わり、3試合連続の安打は見られなかった。李大浩は「8番・一塁」で16日のヤンキース戦以来となる先発出場。第1打席は四球で出塁も、第2打席では見逃し三振に倒れ、7回の第3打席に代打・リンドを送られている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月24日のニュース