横浜 延長制し東海大相模に雪辱、先発右腕藤平が決勝二塁打

[ 2016年4月24日 16:54 ]

春季高校野球・神奈川県大会準々決勝 横浜5―4東海大相模

(4月24日)
 横浜が延長戦を制し、昨夏県大会決勝で0―9で大敗した東海大相模に雪辱した。4―4の11回2死二塁、先発右腕の藤平が決勝の左中間二塁打を放った。

 平田徹監督は「苦しい試合を経験できたことに加え、何とかものにできたことは非常にいい経験値になった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月24日のニュース