オリ平野 悪夢サヨナラ暴投 7回1失点の金子は1勝遠く…

[ 2016年4月24日 05:30 ]

<ロ・オ>9回1死三塁、中村の時に、平野(左端)の暴投でサヨナラの生還をした岡田(中央)はナインから手荒い祝福を受ける

パ・リーグ オリックス3―4ロッテ

(4月23日 QVCマリン)
 オリックスは9回に2点差を追いつく粘りを見せたが、その裏、1死三塁から平野のサヨナラ暴投で2連敗を喫した。

 7回1失点だった金子にまたも勝ち星が付かず、エースの登板試合は開幕から5連敗。チームの借金5と重なる。ただ、金子は「ストレートは全てコントロールできたわけではないが、投げていて感じは良かった」と復調への手応えをつかんだようすだった。福良監督も「尻上がりに調子が上がっていたし、直球も今までに比べて良かった」と話した。次回は30日の楽天戦(京セラドーム)が有力で、今度こそ白星をつかむ。

 ▼オリックス・ボグセビック(7回に一時同点となる来日1号ソロ)カーブを張っていたわけではなく、高めのボールを狙っていた。日本の投手に対して適応するのに時間が掛かったが、これから乗っていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月24日のニュース