山田6号&バレ5号 アーチ競演で逆転劇の口火に

[ 2016年4月24日 05:30 ]

<中・ヤ>9回1死、5号ソロを放ち、宮出コーチ(左)とタッチを交わすバレンティン

セ・リーグ ヤクルト7―5中日

(4月23日 ナゴヤD)
 ヤクルトの山田とバレンティンもアーチの競演だ。

 0―1の3回2死、山田が吉見のスライダーをバックスクリーン左へ。リーグトップの筒香に1本差と迫る今季6号に「センターに強い当たりを心掛けた」とうなずいた。3―5の9回にはバレンティンが右越え5号ソロ。逆転劇の口火を切り「塁に出れば何か起きると思った」と上機嫌だった。

 ▼ヤクルト・ペレス(8回の1イニングを3者凡退に抑えて来日初勝利)日本での初勝利はうれしい。チームに貢献できたことが一番です。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月24日のニュース