ソフトB 連勝ストップ 工藤監督はスクイズ直前プレーに苦言

[ 2016年4月24日 05:30 ]

<ソ・日>ベンチで試合を見つめる工藤監督(右端)

パ・リーグ ソフトバンク2―4日本ハム

(4月23日 ヤフオクD)
 延長10回にソフトバンクの4番手・森が中島にスクイズを決められるなど2失点で、連勝が8でストップ。

 工藤監督は「セーフティースクイズを防ぐことは難しい」と決勝点は仕方ないとした。ただ、直前の1死二塁で西川のボテボテの一塁ゴロで、ベースカバーが遅れた森のプレーには「(カバーが)2、3歩遅れている。やればできることをできず、自分を苦しめている」と手厳しかった。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月24日のニュース