日川 優勝候補・大阪桐蔭相手に堂々勝負 9回2死執念の同点

[ 2013年8月15日 06:00 ]

<大阪桐蔭・日川>9回2死二塁、山本のゴロをセカンド・香月がエラーする間に二塁走者・佐野拓が生還。捕手・森友

第95回全国高校野球選手権2回戦 日川3―4大阪桐蔭

(8月14日 甲子園)
 <山梨日川>優勝候補を苦しめた。広瀬主将は「持っている力を全部出し切った。自分たちがやってきた3年間は間違っていなかったと誇りに思っていきたい」と涙を拭った。

 2回に佐野拓の3バントスクイズで先制。2点を追う8回には水上の中前適時打で追い上げ、9回2死二塁では敵失で延長戦に持ち込んだ。6回途中から登板した1メートル94の長身エース右腕・山田は「大阪桐蔭打線は怖いとは感じなかったけど、甘い球は打たれたので相手が一枚上だった。大学でも続けたい」。同校を率いて23年目の池谷公雄監督は「選手たちは一歩も引かず勝とうという欲を出してくれた」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月15日のニュース