大阪桐蔭 苦しんで10回サヨナラ 森友「勝ったと思ってしまった」

[ 2013年8月15日 06:00 ]

<大阪桐蔭・日川>10回1死一、三塁、福森のサヨナラ打に沸く森友(左から2人目)ら大阪桐蔭ナイン

第95回全国高校野球選手権2回戦 大阪桐蔭4―3日川

(8月14日 甲子園)
 2回戦4試合が行われ、史上7校目の夏連覇を狙う大阪桐蔭は、第4試合で日川(山梨)に4―3でサヨナラ勝ち。9回に失策で同点に追いつかれたが、今大会初の延長戦となった10回に7番・福森大翔外野手(3年)が右前適時打を放った。

 福森の詰まった打球が右翼手の前に落ちた。3―3の延長10回1死一、三塁から劇的なサヨナラ打。西谷浩一監督は「苦しい戦いだったが、諦めることなく粘り強く攻めた結果」と疲労が色濃く残る顔で一息ついた。

 積極采配で決勝点をつかんだ。この回、1死一塁からヒットエンドランを仕掛け、笠松の右前打で一、三塁。福森の場面でも一塁走者だけスタートを切るヒットエンドランのサインが出ていた。「選手の特長を考えて、ヒットエンドランがいいと思った。いつも練習していること」と指揮官。大阪大会は打率・143と不振だった福森は「気持ちが楽になった。野球人生初のサヨナラ打」と興奮気味に振り返った。

 夏連覇を目指すチームとしては、ミスが目立った。バントミスや併殺で6~8回は拙攻を繰り返した。1点差に迫られた後の9回2死二塁では、平凡な二ゴロが2年生の香月の手に付かず、二走の生還を許して同点にされた。森友哉主将は「チーム全体がアウトだと思って、勝ったと思ってしまった」と反省した。

 その森友哉も4打数1安打2三振。初回はフォークにバットが空を切り、通算打率・471の甲子園で50打席ぶりに三振を喫した。さらに7回1死一、二塁でも三振。今秋ドラフト1位候補は「公式戦で1試合2三振は記憶にない」とし「苦しい勝ち方の方が成長できる」とうなずいた。

 次は明徳義塾(高知)との対戦。6月の練習試合では勝利しているが、西谷監督は「一番やりにくい相手だが、勝負だから勝ちたい」。連覇への試練は続く。

 ▼大阪桐蔭・葛川(10回を投げ抜き3失点)まだまだいけた。藤浪さん(阪神)のようにはできないが、自分の投球をすれば抑えられる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月15日のニュース