日本ハム 最下位脱出 V打の佐藤初お立ち台「最高の眺め」

[ 2013年8月15日 06:00 ]

<日・オ>お立ち台でポーズをとる佐藤

パ・リーグ 日本ハム2-1オリックス

(8月14日 旭川)
 日本ハム7年目の佐藤が、1―1の7回2死二塁から左翼フェンス直撃の決勝二塁打。プロ初のお立ち台に「最高の眺めですね」と笑みをこぼした。

 稲葉、渡辺打撃コーチらがつきっきりで逆方向への打撃を指導。その成果を勝負どころで発揮し、「使ってくれた監督や皆さんに感謝したい」と話した。チームは1カ月ぶりの連勝で最下位脱出。栗山監督は「早く(借金を)ゼロに戻さないと」と気を引き締めていた。

 ▼日本ハム・大谷(ブルペン待機も登板機会なし)同点になったあたりからずっと準備していました。接戦で勝てたのは大きい。この勢いをつないでいきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月15日のニュース