広島 超積極攻撃はまった!“速攻”初回5点に野村監督ニンマリ

[ 2013年8月15日 06:00 ]

<神・広>初回無死二、三塁、丸の三ゴロの間に生還したルイス(左)を出迎える広島ナイン

セ・リーグ 広島7-1阪神

(8月14日 京セラD)
 広島が立ち上がりの猛攻で虎の戦意を喪失させ、8回1失点と好投した大竹に5月22日西武戦以来となる6勝目をプレゼントした。

 初回に阪神先発・岩田の立ち上がりをとらえて6安打を浴びせる10人攻撃で5得点。野村監督も「相手はスピードもあるいい投手。点を取っていくという意思表示をしていった」と鮮やかな速攻に目を細めた。

 超積極攻撃が奏功した。初回、先頭のルイスが左前打で出塁し続く菊池がバスターで三塁線を破る二塁打で無死二、三塁。次打者・丸の三ゴロであっさりと先制すると4番・キラは間髪入れず、右翼線適時打で追加点を叩き出した。ここまでの4選手は全て第1ストライクをスイング。丸以外ひと振りで仕留めた。

 「今日は(塁に)出たら、積極的に行こうと決めていた。菊池が勢いを付けてくれた」。指揮官は勝敗のポイントとなった2番打者の巧打を称えた。

 チームは連勝で3位をキープ。敗れた4位・中日とのゲーム差は1・5となった。初のCS進出を狙う赤ヘル軍団の投打の歯車が、ようやくかみ合ってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月15日のニュース