有田工 エース古川 手術の仲間とともに「幸せ」

[ 2013年8月15日 06:00 ]

<有田工・常葉菊川>先発し力投する有田工・古川

第95回全国高校野球選手権2回戦 有田工3―5常葉学園菊川

(8月14日 甲子園)
 <佐賀有田工>佐賀大会から一人で投げ抜いてきたエース古川は5失点完投に「もっとしっかり抑えたかった」と唇をかんだ。

 2回に2適時打で3点を奪われ、4回には右中間へ2点本塁打を浴びた。「真っすぐに球威がなく、変化球も甘くいってしまった」と振り返ったが、「1日も休むことなく練習をやってきた。まとまりのある最高のチームだった」と悔いはないと言った。大垣日大(岐阜)との1回戦後に左肺気胸の手術を受けた藤川もベンチ入りし「(出場できなかったが)いい仲間と野球ができて幸せ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月15日のニュース