仙台育英 自慢の継投実らず…それでも「チームメートで良かった」

[ 2013年8月15日 16:39 ]

<常総学院・仙台育英>6回裏、1死一、二塁のピンチで馬場(右)にマウンドを譲る仙台育英の先発・鈴木
Photo By スポニチ

第95回全国高校野球選手権2回戦 仙台育英1―4常総学院

(8月15日 甲子園)
 仙台育英は自慢の継投策も実らなかった。

 5回までパーフェクトに抑えていた先発の鈴木が6回に先頭打者に初安打を許すと、1死一、二塁となったところで馬場にスイッチ。しかし、いきなり高島に均衡を破る2点三塁打を浴び、8回にも試合の大勢を決める2点を失った。

 鈴木が「ライバルであり、チームメートで良かった」と話せば「鈴木という目標がいたから自分も成長できた」と馬場。二枚看板はたたえ合い、甲子園を去った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月15日のニュース