川崎 昇格即先発、守備で魅せた!本拠地は「ムネリンおかえり」

[ 2013年8月15日 11:33 ]

レッドソックス戦の4回、ナポリの二直を好捕するブルージェイズ・川崎

ア・リーグ ブルージェイズ4―3レッドソックス

(8月14日 トロント)
 14日(日本時間15日)に今季3度目のメジャー昇格を果たしたブルージェイズの川崎は、トロントでのレッドソックス戦にいきなり「9番・二塁」で出場し、4打数無安打に終わった。チームは延長10回、4―3でサヨナラ勝ちを収めた。

 川崎は朝に昇格を知らされ、マイナーの本拠地から移動して試合に出場。3回の第1打席では本拠地の観客が大歓声で迎え、スタンドには「ムネリンおかえり!」と日本語で書かれたボードを手にするファンの姿もあった。見逃し三振、投ゴロ、投ゴロ失策、左飛と無安打に終わったが、守備では活躍。4回にはナポリの中前に抜けそうなライナーに飛びついてキャッチし、試合前に「一番燃えているのは僕だと思う」とコメントした通りの熱いプレーで観客を沸かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月15日のニュース