三重 安楽追い詰めた 4安打の浜村「2年半の集大成」

[ 2013年8月15日 06:00 ]

<三重・済美>9回1死満塁、浜村は安楽から左越えに2点二塁打を放つ

第95回全国高校野球選手権2回戦 三重7―9済美

(8月14日 甲子園)
 <三重>1番の浜村が4安打を放ち、安楽を追い詰めた。

 「2年半の集大成のつもりで臨んだ」という初回、左前打で出塁し、長野の三塁打で先制のホームを踏むと、3、5回にも安打を記録。9回には2点を返し、なお1死満塁で左越えの2点二塁打を放った。大会屈指の好投手から7得点しながら、あと一歩届かず。浜村は「(中軸を打つ)2年生に連れてきてもらった甲子園でした。あいつらには、もう一回来てほしい」と後輩に託した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月15日のニュース