“開幕戦の天理”らしからぬ5失策が命取り

[ 2010年3月21日 14:23 ]

<天理・敦賀気比>1回表天理1死三塁、中村の飛球を遊撃手が落球する間に三走岩崎が本塁を突くがタッチアウト。捕手久保

9人攻撃!敦賀気比大逆転でセンバツ幕開け!

 【天理4―7敦賀気比】一時は3点をリードした天理が5失策で自滅した。投手陣の自責点はわずか2点。田中監督は「ミスが失点につながり、攻めのリズムにつなげられなかった」とうつむいた。夏の甲子園の開幕戦で4連勝中の強豪らしくない試合だった。
 部内の不祥事により、昨年秋に急きょ就任した31歳の青年監督は「(前監督の)森川先生の築き上げたチームの力を発揮させてあげられなかった」と責任を痛感している様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース