出た~!花咲徳栄・橋本が大会第1号

[ 2010年3月21日 15:11 ]

初戦に勝利し、笑顔で応援席に向かう花咲徳栄ナイン

指笛!指笛!チバリヨー!沖縄2校堂々の行進

 【センバツ・花咲徳栄4―0嘉手納】「沖縄から2校」で話題を呼ぶ今大会。その一方のチームである嘉手納が早くも初日の第2試合目に登場。花咲徳栄の長身左腕エース五明に打線は食い下がるが、打ち崩せず「0」が続く。花咲徳栄が2回、嘉手納先発池原の押し出し四球で1点を先制したが、その後は投手戦となり、試合は終盤へと進んだ。
 動いたのは池原の球威が落ちてきた7回。花咲徳栄が3番木村のスクイズ成功で1点、4番戸塚の幸運なイレギュラーバウンドの安打で1点を奪った。8回には橋本が大会第1号本塁打を放った。試合はそのまま花咲徳栄が危なげなく逃げ切った。五明が無四球で2安打完封。変化球を巧みに使って打たせて取り、三塁を踏ませなかった。守備陣も再三の美技で五明を支えた。この勝利で埼玉県勢は春夏通算90勝目。

 ▼毎回安打 花咲徳栄が1回戦の嘉手納戦で記録。今大会初。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース