新人・大島が一人気を吐く!足で魅せた

[ 2010年3月21日 06:00 ]

6回中日1死三塁、森野の三邪犠飛で大島が生還

 【中日1―3ヤクルト】打線が振るわない中、欠場した荒木の代役で1番に起用された新人の大島が足で見せた。

 初回に四球で出塁し二盗を決めると、6回は三塁から森野の三邪飛で判断良くタッチアップで生還し、チーム唯一の得点を記録。「自分も行くつもりだったし、(三塁コーチの)笘篠さんも“行け行け”と言っていたので」としてやったりの様子。バットでもしぶとく二塁打を放ちアピールした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース