春から縁起いいな~面影バッチリ東尾氏背番21

[ 2010年3月21日 06:00 ]

始球式を行った東尾修氏

 【西武2―1ロッテ】西武の球団OBで元監督の東尾修氏(スポニチ本紙評論家)が、ロッテとの開幕戦で始球式を行った。

 現役時代の背番号21のユニホーム姿で登場。見事な制球力で西岡の内角低めに投げ込み「(現役当時の)面影が残ってる感じだったかな。開幕戦の始球式は記憶にないし、気持ちよかったよ」と笑顔で話した。スタンドは3万3331人の超満員。予定より30分早い午前10時30分に開門され、その時点で7774人が行列をなす盛況ぶりだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース