杉内「粘った」幸先いい白星スタートに貢献

[ 2010年3月21日 06:00 ]

ロジンバッグの白煙を伸ばして6回3失点で勝利投手の杉内

 【ソフトバンク5―3日本ハム】2年ぶり2度目の開幕投手を務めた杉内が、6回を8安打3失点に抑え自身の開幕戦初勝利を手にした。

 3回に1点を失い、6回には中田に2点中前打を浴びたが「粘りに粘った。素直にうれしい」。ダルビッシュとはプレーオフを含めて6度目の投げ合いで初勝利。「いい投手ですからね。打線の援護?意気に感じてます」と感謝した。この1勝で通算80勝となり、並んでいた斉藤を抜いてチーム現役最多の勝利数となった。さらに02年の入団以来9年連続で杉内のシーズン初登板試合にチームは勝利。エースで白星スタートした秋山監督は「特別な日になった。これで流れに乗っていける」と喜んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース