大隣“ポーカーフェース”で崩れず

[ 2010年3月21日 19:24 ]

 【ソフトバンク2―1日本ハム】ソフトバンク先発の大隣は三回に金子誠に先制ソロを浴び、さらに内野安打や暴投などでピンチを広げながら踏みとどまった。八回途中1失点の投球に「ポーカーフェースじゃないけど、走者を出しても落ち着いて投げられた」と手応えを得た様子だ。

 1四球と制球も安定。試合をつくって救援陣につなげた。秋山監督は「これまでだったらポンポンと(崩れて)いっちゃいそうだったが、あそこまで粘った」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月21日のニュース