新パフォーマンスも出た!NB砲さく裂!!

[ 2010年3月21日 06:00 ]

<西・ロ>7回1死、右越えに勝ち越しホームランを放ったブラウン(左)は出迎えの中島とエアギターを披露

 【西武2―1ロッテ】同点、そして勝ち越し。中島とブラウンが、互いのアーチを歓喜のダンスで祝った。わずか3安打での逆転勝利。値千金の2発は0―1で迎えた7回だった。

 まずは中島が中堅席へ運ぶ。「(先頭打者として)タイミングよく回ってきた。流れを変える、勢いづかせる打撃がしたかった」。微妙な感覚を大事にするため前日の練習ではただ一人フリー打撃を行わなかった中島が、打席に向かう際、次打者の4番・中村に「ちょっと一発いってくるわ!」と宣言。有言実行。ムードを一変させる同点弾だった。昨年の第1号は5月2日の日本ハム戦(札幌ドーム)。開幕から26試合、114打席目の難産だった。それが今年はリーグでもシーズン第1号となり「そりゃいいですね。今年はやりますよ」。ベンチに戻るやブラウンと両手をパチパチ合わせ、さらにジャンプ&体当たり。最後は2人で“エアギター”のポーズで決めるダンスを初披露した。
 シーズンのために2人で練習してきたパフォーマンス。考案したブラウンが1死後に続いた。3ボールから137キロ直球を狙い打ち。歓喜の決勝弾に「15年野球をやってきて、きょうが一番印象に残ったよ」と声を弾ませた。前夜は成瀬の投球をDVDで研究。しかし第1打席は「タイミングが全然合わなかった」。それが3打席で対応してしまうのだから、適応力が高い。
 「ダンスの名前は“ロックスター”。試合前から、ナカジマにはホームランを打ったらやろうって言ってたんだ。同じイニングで2度だろ?びっくりだよ」とブラウン。NB砲はダンスとバットでこれからもファンを沸かせ続ける。

 <シコー完ぺきS>代役守護神のシコースキーが初セーブを挙げた。1点差の9回に登板。里崎からの打者3人を仕留め「絶対に抑えてやるという気持ちだった」と胸を張った。相手は昨年所属していた古巣。しかし「気にせず打者に集中してマウンドに立った」。グラマンが左肩手術の影響で調整が遅れて不在。その穴を埋める投球に、渡辺監督も「まずは(抑え役は)シコースキーでいこうと思っている。彼もいいスタートが切れてよかった」と喜んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース