長嶋さん以来の4三振も…金泰均「次は打つ」

[ 2010年3月21日 06:00 ]

1回2死一塁、金泰均(手前)から三振を奪う西武先発・涌井

 【ロッテ1―2ロッテ】涌井に完ぺきに封じ込まれた金泰均は「いい投手。失投も何球かあったけど、ファウルにしたり、とらえきれなかった。次はしっかり打ちたい」。あくまで「打ち損じ」を強調した。

 リベンジを誓う新大砲に、西村監督も「そんな簡単に打てるもんじゃない。あしたはやってくれるでしょう」とあらためて期待していた。

 ≪データ≫金泰均(ロ)が4三振。開幕戦で4三振は97年ニール(オ)以来両リーグ6人目。新入団選手では58年長嶋茂雄(巨)以来52年ぶりとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月21日のニュース