悔しさいっぱい…小さな声の嘉手納エース

[ 2010年3月21日 16:36 ]

<花咲徳栄・嘉手納>2回裏、花咲徳栄1死満塁、英に押し出しの四球を与え、天を仰ぐ先発池原

出た~!花咲徳栄・橋本が大会第1号

 【センバツ・嘉手納0―4花咲徳栄】嘉手納の先発、池原は8回途中で降板した。コースを突く投球を心掛けたが、甘く入った球を狙われて4失点。「自分のペースをつかむことができなかった」と小さな声で話した。
 8回には本塁打を許した右腕。「調子は悪くなかった。自分たちの野球をすれば点は取られなかったと思う」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月21日のニュース