北照・西田主将 完ぺき選手宣誓リハ

[ 2010年3月21日 06:00 ]

センバツ・開会式リハーサル、東海大相模・一二三(右)ら出場校各主将に囲まれ、選手宣誓のリハーサルをする北照・西田(中央)

 21日に開幕する第82回選抜高校野球大会の開会式リハーサルが20日、甲子園で行われた。入場行進曲のSuperflyの「My Best Of My Life」に合わせ、前回優勝校の清峰(長崎)・冨永貴文主将(3年)を先頭に同準優勝の花巻東(岩手)が続いた。出場校は各校の生徒代表がプラカードを持ち、北から南の順に32校が行進した。21日は開会式に引き続き、1回戦3試合が行われる。

 リハーサルでは、選手宣誓を務める北照(北海道)の西田主将が堂々とした宣誓を披露した。原稿を完ぺきに暗記し、2度行ったが1度もつかえることはなかった。「去年の花巻東の全力でプレーする姿を見て、高校野球らしさとは何かを伝える内容にしようと思いました」として、国語科教諭の小玉部長と相談して文面に「全力疾走」「フェアプレー」の文言を入れた。長文の宣誓だが「暗記は得意なので。世界史とか数学も方程式さえ覚えればいいので好きです」とにんまり。21日の開会式本番は両親が駆けつける予定だが「報告したときに凄く喜んでくれたので、失敗しないようにしたいです」と笑顔で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース